胸郭出口症候群

  • 肩から腕にかけてだるい…
  • 仕事がデスクワーク…
  • 腕を長時間挙げていることが辛い…
  • 手が痺れる…
  • 病院で胸郭出口症候群と診断された…

胸郭出口症候群とは? | スポルト鍼灸整骨院 多磨店

 

胸郭出口症候群とは、神経(腕神経叢)と血管(鎖骨下動静脈)を圧迫する「圧迫型」や牽引する「牽引型」、またその両方「混合型」により症状が出現する絞扼性神経障害です。

肩から上肢、指先にかけての痛みや倦怠感、痺れ、握力の低下、手指の冷感や蒼白感、むくみ、投球時や投球後の痺れなどが症状として現れます。

神経・血管の絞扼される場所によって「肋鎖症候群」「斜角筋症候群」「小胸筋(過外転)症候群」に分類され、それらを総称して胸郭出口症候群と言います。

 

胸郭出口症候群の分類 | スポルト鍼灸整骨院 多磨店

 

「肋鎖症候群」は、第一肋骨と鎖骨の間が狭窄し、その間を通る腕神経叢と鎖骨下動静脈が圧迫されて症状を引き起こします。手を上げて行う作業が多い仕事(美容師、電気工事など)や手を高く挙げることを繰り返すことが原因になります。日常生活では、ドライヤー、洗濯物干し、つり革などが挙げられ、また、野球、テニス、バドミントン、バレーボールなどでも見られます。

「斜角筋症候群」は、第一肋骨と斜角筋で構成される「斜角筋隙」を腕神経叢と鎖骨下動脈が走行し、斜角筋が緊張したり、肥厚したりすると斜角筋隙を通る腕神経叢と鎖骨下動脈が圧迫されて症状を引き起こします。デスクワークやパソコン作業も原因に挙げられ、上肢の痛みやだるさ、痺れなどの症状が現れます。なで肩や姿勢不良で多く見られ、女性に多く発症します。

「小胸筋(過外転)症候群」は、小胸筋と烏口鎖骨靭帯とで形成される小胸筋下間隙で腕神経叢と鎖骨下動静脈が圧迫されることで症状が現れます。過外転、肩関節を横から上げる動作、つり革をつかむなど手を挙げた状態が長く続くことが原因になります。

第7頸椎に本来無い肋骨のようなもの(頸肋)が残存する場合が稀にあり、その頸肋が胸郭出口症候群の原因になることもあります。

 

胸郭出口症候群の施術 | スポルト鍼灸整骨院 多磨店

 

スポルト鍼灸整骨院 多磨店では、肩コリの痛みに対して「骨盤・骨格矯正」「筋膜リリース」「深層筋調整」「神経調整(鍼灸治療)」などを最適に組み合わせて根本改善を行います。

お困りの方お1人お1人の症状に合わせた「オーダーメイド施術」です。

 

 

「骨盤・骨格矯正」で痛みの発生源を根本改善します。

骨盤は身体の土台、背骨は大黒柱です。

骨盤の歪みを矯正し、土台となる骨盤が正しいポジションに安定することにより、再び背骨が正常なS字カーブを描いて、痛みの発生源を根本から改善していきます。

痛みやシビレなどの不調を改善するにも、まずは骨組みから整えることが大切です。

 

「筋膜リリース」で筋肉の柔軟性を取り戻し、血流改善します。

筋肉を包み込む「筋膜」をリリースすることで、凝り固まった筋肉の柔軟性を取り戻し、全身の血流を改善し、リンパの流れを促進していきます。

筋肉が凝り固まったままの状態では、骨盤・骨格矯正の効果も半減してしまいます。

矯正された骨盤を維持させるためにも、患部の筋肉を柔らかくすることは必要不可欠です。

筋肉が柔軟性を取り戻すことで、骨盤が正しいポジションに安定し、内臓の働きやホルモンバランスも改善されます。

 

「神経調整」で神経の伝達異常を改善します。

痛みやシビレなどが長く続くと、神経も筋肉と同様に疲労し、感覚異常や知覚鈍麻、または神経過敏状態を引き起こしています。

骨盤や筋肉が正しい状態に戻ることで、ある程度の改善は見込めますが、慢性的な痛みやシビレの症状には、鍼灸治療を取入れた神経調整を行います。

神経調整で、神経の疲労を取り除き、慢性的な痛みやシビレをリセットします。

 

 

スポルト鍼灸整骨院 多磨店では、お1人お1人の症状にとって最良の「施術プログラム」を個別に作成します。

施術プログラムに従って、毎回の改善度合いを確認しながら、「骨盤・骨格矯正」「筋膜リリース」「深層筋調整」「神経調整(鍼灸治療)」を組み合わせて根本治療して行きますので、ご自分の完治までのステップや、最終ゴールも分かりやすくて安心です。

症状が改善された後も、二度と再発しないために、体操やストレッチなどの指導も十分に行います。

「痛みを取って根本改善」そして「元に戻らない体作り」、これがスポルト鍼灸整骨院 多磨店の根本治療です。

慢性的な痛みや原因のはっきりしない痛みでお悩みの方は、スポルト鍼灸整骨院 多磨店に是非一度ご相談下さい。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院代表 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》