肋間神経痛

  • 胸がピリピリ痛い…
  • 体の向きを変えると痛みが走る…
  • 帯状疱疹を発症した…
  • 咳やくしゃみで胸が痛む…
  • ストレスが溜まっている…

肋間神経痛とは? | スポルト鍼灸整骨院 多磨店

急に胸が痛むと内科的疾患を疑うこともあるかも知れませんが、基本的に心臓や肺などに異常はありません。肋間神経という肋骨に沿って走っている神経が刺激されることで痛みが生じます。痛みが起こりやすい部位はわき腹・胸・背中になります。

痛みのでるメカニズムはいくつかあります。

一番多い原因は、体に何かが当たったり、傷ついて感じるものです。体には痛みを感じる受容器があり、受容器が刺激に反応すると、そこから神経に痛みが伝わり、最終的には脳に痛みが伝わります。

受容器が反応する痛みを「侵害性受容性疼痛」と呼びます。

もう一つ、痛みを伝える神経が過剰に反応してしまったために、痛みが出ることもあります。

神経が過敏になる原因は、神経自身が傷つくことです。神経の傷ついた痛みを「神経障害性疼痛」と呼びます。

肋間神経痛は神経自身が原因になり痛みが現れるので「神経障害性疼痛」に分類されます。

 

肋間神経痛の原因 | スポルト鍼灸整骨院 多磨店

肋間神経痛を症状とする病気はいくつかあります。

帯状疱疹などの感染症、椎間板ヘルニア、肋骨骨折、脊椎圧迫骨折などの骨や筋肉の疾患、乳がん手術、開胸手術後など手術の後遺症。

その他、明確な原因がわからないものを「特発性肋間神経痛」と言います。

肋間神経痛の痛みの感じ方は色々あり、ピリピリとした痛み、痺れたような痛み、呼吸もできない程の激痛などと表現されることが多いです。

肋間神経痛の原因は、肋間神経を刺激や圧迫されて発生することが多く、神経の刺激の程度によって症状が異なります。

肋間神経痛は突然現れることもあり、胸や脇腹が痛むことが多く、人により痛みの出る場所も異なります。肋間神経は肋骨周りを管理しているため、神経が障害された場所によって痛む場所も変わります。

 

肋間神経痛の施術 | スポルト鍼灸整骨院 多磨店

 

スポルト鍼灸整骨院 多磨店では、「肋間神経痛」の患者様に対して「骨盤・骨格矯正」「筋膜リリース」「深層筋調整」「神経調整(鍼灸治療)」などを最適に組み合わせた根本治療を行います。

患者様お1人お1人の症状に合わせた「オーダーメイド治療」です。

 

「骨盤・骨格矯正」で痛みの発生源を根本改善します。

骨盤は身体の土台、背骨は大黒柱です。

骨盤の歪みを矯正し、土台となる骨盤が正しいポジションに安定することにより、再び背骨が正常なS字カーブを描いて、痛みの発生源を根本から改善していきます。

痛みやシビレなどの不調を改善するにも、まずは骨組みから整えることが大切です。

 

「筋膜リリース」で筋肉の柔軟性を取り戻し、血流改善します。

筋肉を包み込む「筋膜」をリリースすることで、凝り固まった筋肉の柔軟性を取り戻し、全身の血流を改善し、リンパの流れを促進していきます。

筋肉が凝り固まったままの状態では、骨盤・骨格矯正の効果も半減してしまいます。

矯正された骨盤を維持させるためにも、患部の筋肉を柔らかくすることは必要不可欠です。

筋肉が柔軟性を取り戻すことで、骨盤が正しいポジションに安定し、内臓の働きやホルモンバランスも改善されます。

 

「神経調整」で神経の伝達異常を改善します。

痛みやシビレなどが長く続くと、神経も筋肉と同様に疲労し、感覚異常や知覚鈍麻、または神経過敏状態を引き起こしています。

骨盤や筋肉が正しい状態に戻ることで、ある程度の改善は見込めますが、慢性的な痛みやシビレの症状には、鍼灸治療を取入れた神経調整を行います。

神経調整で、神経の疲労を取り除き、慢性的な痛みやシビレをリセットします。

 

 

スポルト鍼灸整骨院 多磨店では、患者様お1人お1人の症状にとって、最良の「施術プログラム」を個別に作成します。

施術プログラムに従って、毎回の改善度合いを確認しながら、「骨盤・骨格矯正」「筋膜リリース」「深層筋調整」「神経調整(鍼灸治療)」を組み合わせて根本治療して行きますので、ご自分の完治までのステップや、最終ゴールも分かりやすくて安心です。

症状が改善された後も、二度と再発しないために、体操やストレッチなどの指導も十分に行います。

「痛みを取って根本改善」そして「元に戻らない体作り」、これがスポルト鍼灸整骨院 多磨店の根本治療です。

慢性的な痛みや原因のはっきりしない痛みでお悩みの方は、スポルト鍼灸整骨院 多磨店に是非一度ご相談下さい。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院総院長 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》