脊柱管狭窄

  • 歩いているうちに、だんだん痛くなる…
  • いつもお尻や足先にシビレがある…
  • 整形外科で「脊柱管狭窄」と診断された…
  • このまま注射や投薬の治療を続けたくない…
  • 手術を勧められているが決心がつかない…

「脊柱管狭窄」ってどんな病気? | スポルト鍼灸整骨院 多磨店

脊柱管狭とは

背中の椎骨が積み重なってできたトンネルを脊柱管といい、その中を神経や血管が通ります。

「脊柱管狭窄」とは、このトンネルが何かの圧迫により狭くなり、中を通る神経が絞扼されて、痛みやシビレが引き起こされた状態をいいます。

加齢、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などによる椎骨の変形が、脊柱管が狭くなる主な原因として挙げられます。

「脊柱管狭窄症」ってどんな症状? | スポルト鍼灸整骨院 多磨店

特徴的な症状

お尻から下肢にかけての痛みやシビレだけでなく、坐骨神経痛、感覚異常、筋力低下、歩行困難などが引き起こされます。

重度の場合は、尿失禁などの膀胱直腸症状が現れることもあります。

でも、整形外科で「脊柱管狭窄」と診断されても、必ずしもこのような症状が出るわけではありません。

医療機関でレントゲンを撮って「脊柱管狭窄症」の診断を受けた方でも、何の症状も出ていない方が大勢います。

問題は辛い症状が出ているかどうかで、症状さえ消えてしまえば、たとえ「脊柱管狭窄」の診断を受けても、日常生活には何の支障もありません。

 

スポルト鍼灸整骨院 多磨店の施術

椎骨変形の原因

「脊柱管狭窄」の主な原因である椎骨の変形はなぜ起こるのでしょう?

もちろん特別な病気による骨の変形もありますが、大半が長年の不良姿勢からくるものです。

「脊柱管狭窄」の患者様の特徴として、姿勢が悪く、背骨のS字カーブが正常でない方が多く見受けられます。

歪んだままの状態が長期間維持されることにより、筋肉や関節も固まり、不自然な荷重により椎骨が変形していくのです。

本来、正常な背骨のS字カーブはスプリングの働きで上半身の重さを上手く分散し、一部の骨に不自然な荷重が掛かることはありません。

 

 

【府中市 多磨】スポルト鍼灸整骨院 多磨店では、「脊柱管狭窄」の患者様に対して「骨盤・骨格矯正」「筋膜リリース」「深層筋調整」「神経調整(鍼灸治療)」などを最適に組み合わせた根本治療を行います。

患者様お1人お1人の症状に合わせた「オーダーメイド治療」です。

 

「骨盤・骨格矯正」で痛みの発生源を根本改善します。

骨盤は身体の土台、背骨は大黒柱です。

骨盤の歪みを矯正し、土台となる骨盤が正しいポジションに安定することにより、再び背骨が正常なS字カーブを描いて、痛みの発生源を根本から改善していきます。

痛みやシビレなどの不調を改善するにも、まずは骨組みから整えることが大切です。

 

「筋膜リリース」で筋肉の柔軟性を取り戻し、血流改善します。

筋肉を包み込む「筋膜」をリリースすることで、凝り固まった筋肉の柔軟性を取り戻し、全身の血流を改善し、リンパの流れを促進していきます。

筋肉が凝り固まったままの状態では、骨盤・骨格矯正の効果も半減してしまいます。

矯正された骨盤を維持させるためにも、患部の筋肉を柔らかくすることは必要不可欠です。

筋肉が柔軟性を取り戻すことで、骨盤が正しいポジションに安定し、内臓の働きやホルモンバランスも改善されます。

 

「神経調整」で神経の伝達異常を改善します。

痛みやシビレなどが長く続くと、神経も筋肉と同様に疲労し、感覚異常や知覚鈍麻、または神経過敏状態を引き起こしています。

骨盤や筋肉が正しい状態に戻ることで、ある程度の改善は見込めますが、慢性的な痛みやシビレの症状には、鍼灸治療を取入れた神経調整を行います。

神経調整で、神経の疲労を取り除き、慢性的な痛みやシビレをリセットします。

 

 

【府中市 多磨】スポルト鍼灸整骨院 多磨店では、患者様お1人お1人の症状にとって、最良の「施術プログラム」を個別に作成します。

施術プログラムに従って、毎回の改善度合いを確認しながら、「骨盤・骨格矯正」「筋膜リリース」「深層筋調整」「神経調整(鍼灸治療)」を組み合わせて根本治療して行きますので、ご自分の完治までのステップや、最終ゴールも分かりやすくて安心です。

症状が改善された後も、二度と再発しないために、体操やストレッチなどの指導も十分に行います。

「痛みを取って根本改善」そして「元に戻らない体作り」、これがスポルト鍼灸整骨院 多磨店の根本治療です。

慢性的な痛みや原因のはっきりしない痛みでお悩みの方は、是非一度【府中市 多磨】スポルト鍼灸整骨院 多磨店に是非一度ご相談下さい。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院総院長 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》